俺「全体スカスカ系なんですけど・・・」美容師さん「(ニッコリ爽やかスマイル)大丈夫ですよ☆」→カットの進行に伴い美容師さんの顔が険しくなっていく・・・他

シェアありがとうございます!

固定リンクPC
73: キチ取物語 2010/12/17(金) 08:33:57 ID:wAY5skdI

美容室でベリーショートにしてもらった。
ハゲのカットは熟達した腕前を要するらしく
店長と思慮される中年の男性美容師さんが腕をふるってくれた。
俺が全スカハゲ(※全体がスカスカでハゲている)の悩みを打ち明けて、
短髪にする危険性についておずおずと質問すると
春風のような爽やかさで「大丈夫ですよ」と余裕たっぷりに言うから
安心しきって頭を任せたんだが、
カットの進行に伴い美容師さんの顔が険しさを増していく。

引用元:


首を捻りながらハサミを入れたり、櫛で特定部位を執拗に撫で付けたりして
悪戦苦闘する姿を見ているのは本当に辛くて、
俺は俯いて唇を噛み締めるばかりだったよ。
歯切れの悪い「お疲れ様でした」という終了の挨拶に応えて顔を上げると、
正面の鏡には薄気味悪いヒヨコが映っていた。
美容師さんは失敗作の壺を検分する陶芸家のような
惨とした表情で俺の後頭部を見つめていたよ。
もういっそのこと地面に叩きつけて粉々にしてもらいたかった。

227: キチ取物語 2011/02/19(土) 10:54:05 ID:qHu5PzHq
連投すみません。
小学生の時初めて一人でヘアーカットをしに行き、明星ヘアカタログを持って
この髪形にしてください!とのりPのショートを指定したはずが、
出来上がりはベリーショートのモンちっちヘアーになってしまった。
のりPの隣には、当時まだアイドルをしていた、
森昌子ヘアスタイルの長山洋子が載っていてそれと間違えられてしまっていた。
新学年の始業式前日の出来事で、せっかく気になる男子と同じクラスになったのに、
人生で初めて氏にたいと思った・・・
しかも初夏、半袖人口が多くなった頃に気にしていた毛深さを指摘され
その気になる子に付けられたあだ名が「毛ガニモンキー
中学卒業までずっと呼ばれていた。

232: キチ取物語 2011/02/19(土) 18:55:37 ID:52bh9G1S
>>227
「毛ガニモンキー」
ごめん笑った。

キチ取物語より

髪ネタ二段でした

どちらも哀愁漂って良いですね