固定リンクPC

おすすめ記事

幼馴染のAが彼女と結婚することになり、2次会の幹事を頼まれた→その打ち合わせをしようと集まったら、Aの彼女にいきなり水ごとコップを投げつけられ・・・

シェアありがとうございます!

690: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:20:26 ID:

このスレでは良くある勘違い系の修羅場だけど、俺の中では大事件だった修羅場です。

俺男…20代男、彼女あり
A男…20代男、俺男の親友、イケメン、彼女あり(婚約済み)
B子…20代女、A男の彼女、美人

俺とA男は、家が近所だった事もあり、小さい頃からずっと仲が良く、
保育園~高校まで同じ所に進んで、毎週のように俺の家とA男の家を行き来してた。
大学は別だったが、お互い地元に就職した今は、定期的に飲みに行ったり、遊びに行ったりしてる。
そのA男が3年間付き合ったB子と結婚する事になり、俺に2次会の幹事を依頼してきた。
親友の頼みならと快諾、近々第1回打ち合わせを開く事になった。

…そして運命の第1回打ち合わせの日
メンバーは、俺、A男、B子、B子の友達で新婦側幹事のC子の4人。
A男から色々話は聞いていたが、B子本人とは初対面なので今回は顔合わせだけの予定だった。

引用元:http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1271467715/

こちらも読まれています

 

691: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:22:58 ID:

待ち合わせ場所の喫茶店で待っていると、程なくしてやってくるA男カップルとC子。
B子さん…思ってた以上に美人なんだけど、見るからに不機嫌そうな顔をしてる。
喧嘩でもしたのか?と思ったんだけど、普通に会話してるし問題なさそう。
初対面の奴(俺)がいるから緊張してんのかな?ぐらいに思ってた。

俺のいるテーブルを見つけて向かってくる3人。
実は入店してからずっとB子がこっちを睨んでる気がするけど、心当たりが無い…
とりあえずみんな揃ったので、自己紹介を始める。
「A男です。幹事引き受けてくれてありがとう。」
「…B子です。……」
「A男の友達の俺男d」

…いきなりB子にお冷ぶっかけられた。
正確にはぶっかけようとした手が滑ってコップごと投げ付けられた。
予想外の出来事に対処出来る訳も無く、俺の顔面にコップ直撃。悶絶。
うずくまる俺に更に追い討ちとして、テーブルの上の灰皿を投げ付けるB子。額に直撃。
この時灰皿の縁で額を切り出血。

B子の咆哮
「あんたなんかにA君を渡さないんだからっ!!」

694: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:25:51 ID:

更に続く罵声
「A君にはアタシしか必要ないの!」
「アンタなんかただの冴えない男じゃない」
「A君はあqwせdrft…(興奮してしゃべれてない)」

店内に響き渡るB子の絶叫
そこにいた誰もが凍りつき、B子を見つめる中、A男がいち早く我に返り止めに入る。
「やめろ!やめろって!!落ち着けよ!いきなりどうした?」と言って、B子を押さえ込むA男。
それを聞いて、「はっ!」っとした表情になったB子、そして…

「やっぱり私よりこいつの方がいいんだ~!!!」

と泣き叫びながら、喫茶店から出て行ってしまった。
俺とA男は訳が分からず放心状態、C子もB子の後を追って店を出ていった。

残された男2人
俺「何?俺なんかした?」
A「わからん…」
俺「何かB子さん激しく勘違いして無い?
  あれは俺とお前が付き合ってると思ってる口ぶりだったよ」
A「ホントにわからん…お前に幹事頼むって言った時は賛成してたんだけどなぁ…」

あまりの出来事に忘れてたけど、俺は額からの出血で顔どころか、着ていた服まで真っ赤になってた。
見かねた店員から渡されたタオルで顔拭ったら、べっとり血が付いてビビった。

とりあえずお店に謝罪して逃げるように退店、俺はその足で病院へ、Aは自宅に帰る事にした。
何か分かったら連絡をする約束をして解散。
血塗れ+ずぶ濡れで服が1着ダメになったけど、幸い額の怪我は、出血の割に大した事無かった。

695: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:29:24 ID:

それからしばらくして、お互いの両親同伴で話し合いする事になった、とA男から連絡があり、
俺にもその会談に参加して欲しいと言って来た。
ここ数日、あの時の事を考えては、初対面の人物に事実無根の事でいきなり、
一方的に罵られ、モノを投げられ、出血させられ、オマケにその後始末までやらされたことに、
随分鬱憤が溜まっていたので、逆襲のチャンスとばかりに承諾。

会談当日、通いなれたA男の家に行くと、既に他の6人は揃っていたので、すぐに会談スタート。
まずは、B子陣営からの要望。
・A男と俺男が良からぬ関係になっている。
・その事でB子は、酷く傷つき、情緒不安定になっている。
・ついては、婚約破棄も視野に入れた話し合いを行いたい。
・婚約破棄する場合は慰謝料貰う。

対するA男の反論。
・良からぬ関係なんてなって無い。
・いきなり暴力振るうのは如何なものか。
・こっちも俺男が怪我させられてる。
・こっちも婚約破棄を視野に(ry
・理由が無いので慰謝料なんて払わない。

B子側は、B子は俯いていてあまりしゃべらず、B両親中心。
A男側は、A男と俺中心、A両親は黙って事の顛末を見届けてる感じ。
で、ここから俺とA男のホ○疑惑についての舌戦が始まったわけなんだけど、
流石「悪魔の証明」って言われるだけあって、やってない事を証明するのは難しい…

696: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:32:39 ID:

「俺とA男はよくお互いの家に遊びに行くし、一緒に酒を飲みに行く事だってある。けど、やましい事なんて断じてしてない。」
って言っても、「そんなのウソ、絶対やってる」で終了。
「2人とも実家暮らしなんだから無理だろう」→「やろうと思えば何処でもやれる」
B両親も娘の事を信じきってるようで、「そうだ、そこまで仲がいいのは疑わしい」と同調。
「俺にも彼女いる」と言えば、「偽装だ!私も偽装に使われたんだ~!」と号泣。

もうどうしたらいいのかわかんなくて、俺涙目…心折れそう。
当初の意気込みは何処へやら、もうホ○で良いから帰らせてくれ…とまで思ってた。

すると、ここで今まで沈黙を貫いていたA父が口を開く。
「私達は俺男の事を良く知っています。彼がまだ幼稚園に入る前からA男と一緒に遊んでいました。
 それから彼は小学、中学、高校、大学、社会人になっても、ずっとA男と友達でいてくれました。
 そして、私達を親と同じ様に慕ってくれた。俺男はもう私達の家族同然なんです。
 私が断言します。俺男とA男は如何わしい関係などにはなっていません。
 これ以上息子達を疑うのであれば、私達は全力で2人を守ります。」

今考えてみると、A父のセリフは俺達が散々してた主張+自分のスタンスなので、状況が変わるはず無いんだけど、
俺達が必氏すぎたのか、はたまたA父の風格がなせる業なのか、えらく説得力のある言葉に聞こえ、一同ちょっとクールダウン。
全く相手に理解してもらえなくて、心が折れかけていた俺はA父の言葉に感動、思わず号泣。
B子陣営も「A父がそこまで言うなら、少し話してみてもいいかな」といった空気になり、
落ち着いて話し合う事が出来るようになった。

698: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:42:42 ID:

ここからはA父の独壇場。
さっきの発言で場を掌握した勢いに乗り、和解案を提出。
「そちらが2人を疑うのは良く分かりました。
 しかし、本人達も否定しているし、確証も無いようですし、疑いだけで即婚約破棄というのも少し乱暴ではないでしょうか?
 かといって、この問題を水に流して、このまま式の準備と言うのも難しいでしょう。
 なので、ここは結婚の予定を一度白紙に戻して、冷却期間をおいてはどうでしょうか?」

落とし所としては妥当な線だったので、B両親も納得。
B子は不満な様だったが、これ以上争っても泥沼になるだけなので、B父が引き下がらせた。

会談終了後、B子達は帰り、俺はまだA宅に残っていた。
A両親から「すまなかった」と謝られたが、むしろ俺の方が迷惑掛けたと思っていたので、こっちも土下座。
それと、これからは暫く会わず、誤解が解けたらまた遊んでくれ。とA男に提案。
かなり渋っていたが、最後には承諾してくれた。

それから半年後。
A男の結婚式が決まった事を俺親から聞かされて、ようやく解決したのかと安堵していた。

…が、B子さんがまた発狂した。
前回と同じ様に、2次会幹事や披露宴の余興を頼んだ人に対して敵意むき出しでつっかかり、
最終的には「私のA君に近づくなー!!」で、暴れだしたらしい。
ここに至り、みんなB子が何かおかしいという事に気付いた。

699: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:47:41 ID:

俺の時は、疑おうと思ったら疑える状況だったので、「勘違いしたのならしょうがない」って結論になってた。
でも今回は俺と比べたら全然親しくないA男の同僚(個人的に遊んだ事は1,2度しかないらしい)。
ここを疑ってしまったら、A男は殆どの交友関係を断ち切らなければいけなくなる。

流石にこれはおかしいって事で、A男はB子を問い詰めたらしい。
その結果、職場で男性社員からはセクハラを受け、女性社員はB子の人気に嫉妬していじめられてるらしく、
社内で孤立し人間不信に陥っていた事、それを言い出せず1人で耐えていた事をカミングアウト。
それに加え結婚へのストレスもあり、A男とC子等親しい友人以外誰も信じられなくなったそうだ。

それを知ったA男激怒。
B子の会社(B社)に乗り込み、セクハラ、いじめをしてた奴らには慰謝料請求する!と宣言。
B社の方で調査をしたところ、B子が居た部署の約半数がセクハラorいじめに加担した事が発覚。
加担した者全員の処分と会社からの慰謝料+各人からの慰謝料で決着。

その後、B子はカウンセリングを受け、日に日に回復していきノイローゼは無くなっていった。
周りの人に謝罪して回り、ギクシャクしていたA男との仲も再構築して元に戻った。

そして最初の事件から2年後
晴れてA男とB子は結婚。
親しい人のみの小規模な式だったけど、2人が幸せそうでホント良かった。
因みに俺とB子も和解して、普通に新居にも遊びに行ってます。

以上です。支援ありがとうございました。

700: キチ取物語 2010/05/09(日) 14:55:27 ID:
>>699
乙乙。
自分に怪我させた相手の幸せを喜べるお前は良い奴だな。

702: キチ取物語 2010/05/09(日) 15:24:04 ID:
>>699
乙。いくらノイローゼでも言いがかりつけられて
暴力振るった相手と和解出来るとは、お前は心が広いな
同時にそんなB子と結婚出来るA男もすごい

709: キチ取物語 2010/05/09(日) 22:42:15 ID:
できれば避難所で会社側を謝らせた話を聞きたいが詳しくは知らないか

710: キチ取物語 2010/05/10(月) 00:06:17 ID:
B子は証拠とか用意したの?
会社側に謝らせるのはすごく難しいと思うんだが

711: キチ取物語 2010/05/10(月) 00:38:32 ID:
休憩所に行ったら?
本人の書き込みも読めるよ

712: キチ取物語 2010/05/10(月) 01:32:14 ID:
……なんというか、途中からB子もかわいそうになったな
いや、勿論加害者なんだが
セクハラと女子社員のイジメをダブルで耐えるって相当きついもんが有るし
アレは……シャレならん

713: キチ取物語 2010/05/10(月) 03:05:05 ID:
可哀想だけど、彼氏と彼友がホ○ダチ!!!っていう思考になるのはワカラン。

714: キチ取物語 2010/05/10(月) 03:15:02 ID:
その辺は読めばわかると思うけど
ホ○が重要なんじゃないんだよ

休憩所へ移動

452: キチ取物語 2010/05/09(日) 21:36:24 ID:
本スレ699です。
沢山の乙を頂きありがとうございました

B子については、許すって言うかうやむやになって風化したって感じなんです。
会談では、自分のホ○疑惑を晴らすのに熱くなってて怪我させられた事に言及出来ず
次に会った時は事件から1年近く経ってたんで、どうでも良くなってたんですよね。
なんで、あっさり謝罪を受け入れたわけです。

会社については、B子は既に退社してます。
慰謝料云々の話は俺も親からのまた聞きなんで詳しい事はわかんないんです。
すいません。

453: キチ取物語 2010/05/09(日) 21:43:34 ID:
>>452
ハッピーエンドのすっきりした話ありがとう

454: キチ取物語 2010/05/09(日) 21:55:54 ID:
>>452
本筋と違うけど699の彼女とはどうなった?

455: キチ取物語 2010/05/09(日) 22:56:34 ID:
>>454
その時の彼女とまだ続いてますよ
俺の彼女は中学からの同級生なので、A男の事も良く知ってて、この事件のこと話したら
「お前ホントにA男に尻貸してないよね?」なんて言われましたよ…

457: キチ取物語 2010/05/10(月) 00:12:06 ID:
彼女はB子と反対の性格っぽいね

458: キチ取物語 2010/05/10(月) 01:38:23 ID:
B子にとってはホ○関係がどうかってのはあんまり関係なくて
自分の最後の心の砦のA男がいなくなったら生きていけないから
周りの人間を排除したかったってことだったのかもね
ホ○でも泥棒猫でも何でもいいからレッテル貼って全員排除したかったのかも
普通なら捨てられると思うけどいい身内に囲まれて救われたんだろうね

幼馴染のAが彼女と結婚することになり、2次会の幹事を頼まれた→その打ち合わせをしようと集まったら、Aの彼女にいきなり水ごとコップを投げつけられ・・・
ありがとうございます。この記事をお届けしたキチ取物語の最新記事情報は、いいね!してFacebookでチェックできます!

ピックアップ記事

1001: キチ取物語がおすすめの記事は以下です。 ID:PickUp

☆フォローお願いします☆

管理人LINE@をはじめました!
LINE@限定人気記事や、面白いことを配信していきます。

友だち追加

登録数増加中!ありがとうございます。
なんでもメッセ送ってきてくださいね☆

⇩面白かったらクリックしてね♪⇩
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(その他・いろいろ)へ