固定リンクPC

おすすめ記事

父が急死し、父方の親族に連絡を取ろうとしたら従兄は元同僚で、兄弟は誰一人名前が一致しなかった→父が何故ずっと嘘を吐いていたのか未だに分からないまま・・・

シェアありがとうございます!

291: キチ取物語 2010/12/29(水) 19:46:36 0

暴力沙汰も不倫もないが
我が家にしてみたら精神的修羅場だったという話です。

父が脳溢血で急氏し、葬儀を出すことになった。
もともと父は係累が少ないと聞かされていたし
親戚づきあいもろくにしてなかったんだけど
葬儀となれば父方親戚に連絡をとらなくてはいけない。

父がいつも連絡をとっていた父の従兄に連絡(電話番号は連絡帳にあった)にまず電話。
その人に残りの親類の連絡先を教えてもらおうと思っていた。
そしたらその電話番号の人は従兄じゃないことが判明した。
父の親類ではなく元同僚だった。
もちろんその人も父の親類については何も知らないと言う。

謄本に載ってる父の兄弟は半分以上もう亡くなってるけど
全員知らない名前。
父はたまに酔ったとき親兄弟の昔話をしていた。
でも父がかつて話してた兄弟の名前とは一人も一致しない。

引用元:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/live/1290689525/

こちらも読まれています

 

292: キチ取物語 2010/12/29(水) 19:47:19 0

ちなみに父は三男だと母にも私たちにも言っていた。
でも謄本見たら次男だった。意味がわからない。
母に「結婚式のとき親戚の人は来なかったの?」と聞いたが
「式らしい式は挙げなかったから…
結婚したときはお互い両親が亡くなって親類とは疎遠だったし
お金もなかったし」
とのことだった。

でも謄本によると父の両親が亡くなったのは、うちの父母が結婚したあとだ。
なぜ父がずっと嘘をついていたのかわからない。
父方長男の姓名はわかったし
電話帳で調べれば連絡とれるかもしれないんだけど
真実を知りたい気持ちと知りたくない気持ちで家族全員が葛藤し
結局いまだに何もわからずじまいでいる……。

293: キチ取物語 2010/12/29(水) 19:48:17 0
>>292
ちょっとしたホラーですなぁ…

294: キチ取物語 2010/12/29(水) 19:57:48 0
経済的問題があって両親のどっちかの実家に預けられて育てられた、てとこじゃないかな。
>>291の父親自身がなにも知らずに他界したとしか思えないってのは不思議でしょうがないけど。

295: キチ取物語 2010/12/29(水) 19:59:57 0
確かに怖い話だが、聞くだけ聞いて判断した方がいいと思う。
色々考えちゃうしさ。
聞いたから大変な事態になるってわけでもないだろ?

296: キチ取物語 2010/12/29(水) 20:01:25 0
同僚の件から、父親が何も知らなかったってことはないだろうと思うよ。

297: キチ取物語 2010/12/29(水) 20:32:38 0
>>295
借金問題とか経歴なんかで、縁を切りたい親族だったのかも知れないじゃない
わざわざ匿(仮)名で昔話するぐらいだし

298: キチ取物語 2010/12/29(水) 20:47:26 0
真実は掘り起こさない方がよさそうだなあ…
知りたいだろうけど
いかにも地雷入りのパンドラの箱っぽい

299: キチ取物語 2010/12/29(水) 21:12:09 0

>>291
なんとなくお父さんは前科があったんじゃないかと思う
戸籍の乗っ取りみたいな感じをしてたのかな?

でも触らない方が良いよ
全力でこちらに覆いかぶさってくる親戚かもしれないし…

308: キチ取物語 2010/12/29(水) 23:03:58 0

>>291に似たような話だけど・・・
祖父が亡くなって埋葬する時、お墓の中には「祖父の母」の骨壷1つだけのはずが、
骨壷が2つあったので、全員が「え?」という状態になった。
祖父は私生児で父親の骨壷があるわけもなく、一人っ子だったはずだし。
祖母はもう当時半分ボケてしまっていて、「誰の?」って聞いても要領を得ない。
どうして、誰の、どうやって、ってパニックになったんだけど、だからって出すわけにも
いかないし、確かめるすべもないし・・・

というわけで、そのまま閉じた。

祖母の納骨の時に3つある骨壷を確認して、「あぁ・・・」という感じになったけど、みんな
それはもう見ないふり。

祖父はヤマ師なところのあるひとで、まぁ何かあってもおかしくないよな、っていうのが
全員の共通認識なんだけど、子供ができなくて養子をとったのが父だったので、
血がつながってると思われる人間は今はいない。だから、その骨壷に対して絶対に
突き止めたいとかいう気持ちが誰も起こらなかったんだよね。

でも誰なんだろうあれ。

309: キチ取物語 2010/12/29(水) 23:23:46 0

>>308
墓を買うと高いから、火葬までして人の墓に入れちゃう事ってあるらしいよ
定期的にお参りもしてもらえるし
鍵もかかってないし、ちょっとずらすだけで入れられるからね

電車の網棚の骨壷とかも、同じ理屈で置いていくんじゃないかと言われてる

315: キチ取物語 2010/12/30(木) 01:23:17 P
>>308
それは墓所を管理している所に聞いてみた方がいいよ。
家族から見て誰だか分からないお骨があるのですが
埋葬の記録はありますか?と。
もしもヤマ師的要素があったお祖父様関係の誰かで
家族には黙ってひっそり埋葬したのなら
墓所の管理側では把握してるんじゃないの?
何の記録もなくてやっぱり全く分からないという場合は
他の人も書いているように押し掛け居候のお骨かもしれない。

321: キチ取物語 2010/12/31(金) 02:27:25 0

>>308
うちの墓地にも誰だかわからない人のお墓がある。
江戸時代からの墓石があるんだけど、そのうちの一つがうちの名字
じゃない。しかもその人の生家と父親の名前が書いてある。
(○○村 ○○屋 太郎ノ子 次郎 )
「婿養子に入るはずが結婚してすぐ氏んだ?」「うちで家族同然に働いて
いたのでうちの墓所に入れた?」とか推測してる。
ここから昭和30年代の話。
お墓が無い家の人が亡くなった時に墓所の一部を貸して葬らせたりもした
そうです。(近所の人とか知り合い)それ貸すっていうの?。
その後火葬になって骨堂も作ったんだけど、出てきた骨は全部そこに
入ってる。
貸す?場合は当然墓石などは建てさせない(というか墓地を借りるくらい
だから相手が墓石を建てる経済力がない)ので江戸時代のお墓はやっぱり
謎。

310: キチ取物語 2010/12/29(水) 23:33:35 0

>>291のお父さんは過去全てを捨てた人なんじゃないのかなぁ。
毒親で家庭の中でスケープゴートにされていて、何もかもを捨てて
291のお母さんと人生を構成し直したんじゃないかと妄想したりする。

長男との間に流れたか流したかの人がいて
「お前じゃなくてそっちがよかった。あの子を産めばよかった。
 お前が全ての不幸を呼んだんだ。あの子じゃなくてお前が氏ねばよかったのに。
 お前さえいなければ全てがうまくいったのに。」
と物心つくころから呪いの言葉のように言われ続けてさ。
家族から虐待されてきたんじゃないのかなぁと思ったりする。

↑は私自身がそういう立場で家を捨てた人間だから思うことなんだけどさ。

300: キチ取物語 2010/12/29(水) 21:32:51 0
興信所に調査してもらえば?

301: キチ取物語 2010/12/29(水) 21:37:32 0
KOEEEEEEEEEEEEEEEE

302: キチ取物語 2010/12/29(水) 21:38:55 0
戦後は戸籍が散逸して、混乱していた時期もあったから
その影響もあるかも

303: キチ取物語 2010/12/29(水) 21:56:04 0
そこまで昔じゃないんじゃないか?

305: キチ取物語 2010/12/29(水) 22:04:03 0
両親の年代が書いてないから、無いとも有るとも
どっちとも言えない
つか、犯罪者扱いで下種パーされるくらいなら
戦後混乱期のせい、と思っていたほうがよっぽど
マシと思う

306: キチ取物語 2010/12/29(水) 22:08:50 0

>>305
従兄弟だと思ってた人が同僚で、氏んだと言っていた親も実は生きていて、
家族に話していた兄弟の名前と実在の名前が違ったとしても??

変な肉親だったとして、ストッパーになってくれる人間がいなくなったんだから
真実を知っておかないと困る事も出てきそうな気もするけどね

307: キチ取物語 2010/12/29(水) 23:01:02 0
>>306
「犯罪者なんじゃね?」と下種パーされて不愉快な気分にるよりも、
戦後の混乱期に戸籍がややこしいことになったんじゃないの?と
思われたほうがまだまし、と言ってるだけで、真実を明らかにしなくて
いいとは>>305のどこにも書いてなくね?

311: キチ取物語 2010/12/29(水) 23:44:02 0

自分も戸籍関係で、真剣に悩んでいた時期がある。
フェイクありなのでわかりにくいかもしれないけど。

戸籍の記載関係で、自分の存在意義を自問自答するように思い
悩んでいた時期がある。そのとき、周囲のサスペンス好きな人たちが
wktkで素人推理を披露してくるのが一番辛かった。
単におもしろがってたり、自分の賢さを披露したいだけだってのが
あからさまだったから。

素人推理に辟易して、関係者を探して確認していったら、あっさり
原因がわかった。
田舎ゆえの大らかさというか、いい加減さに起因した、「ついうっかり」の
手続き遅れ(みたいなもん)が原因だった。

もうね、それまで横溝ばりの陰鬱な過去を勝手に憶測されてたのに、
蓋を開けたら「ついうっかり」「忙しくて忘れてて」みたいなあっけらかんと
した理由で、裏も何もなくて、思いっきり脱力した。

意外と真実ってのは単純で、簡単なもんなんだなぁとも思ったな。
「隠された過去」とか「失われた真実」とか、大層なもんは現実には
そうそう起こらないもんなんだとも。
「事実は小説よりも奇なり」とも言うけどさ。

悩んでる間は悪い方向に想像が飛ぶことがあるけど、悩む時間が
長くなるようだったら、できる範囲で調べておくのもいいと思う。
調査しても何もわからなかったとしたら、それはそれで「調べたけど何も
出なかったってことは、たいしたことは無かったんだ」と自分を
納得させることができる。

選ぶのは自分自身だから、じっくり考えて決めたらいいさ。

312: キチ取物語 2010/12/29(水) 23:50:09 0

291のは田舎ゆえの勘違いではないだろうからなあ。
あきらかにお父さんが自分の意志で嘘を作ってるから
やっぱり知られたくない過去があったんだろう。

お父さんがそうまで知られたくないと隠しとおしたんだから
やっぱり暴かない方がいいんじゃないかと
外野としては思う。

313: キチ取物語 2010/12/29(水) 23:52:19 0
っていうかどういう育ち方かはわからないけど、291のお父さんは理想の家庭を築いたんだろうなぁ
一番幸せな時に氏んだんだろうと思う

314: キチ取物語 2010/12/30(木) 00:37:44 0

310だけどさ、>>313のとおりだと思うよ。
291のお母さんと幸せな家庭を築けて幸福なまま往けたんじゃないかな。

謎の名前ってのはさ、
真冬に上着もないまま締め出されて凍えてる時に温もりをくれた人とか
殴られて聞こえなくなった耳に気付いて只一緒に泣いてくれた友達とか
給食で食いつないでた時に黙ってオニギリくれた人とか
捨てた過去の中でもそんな生きる力をくれた人たちへの想いだけは捨てきれず
良い思い出として残ってた、そういうことじゃないかな。

たびたび自分語りですまんね。

316: キチ取物語 2010/12/30(木) 06:42:17 0

後ろ暗い事があって隠してたなら、
酔った時に昔話なんて状態では話さないと思う。

単に、不遇な境遇で育ったお父さんが、
お世話になった人たちを本当の家族のように思って、
心のよりどころにしてたんじゃないかなあ。
だから、気分良く酔ってる時に気分のいい話として話したんじゃないかな。

317: キチ取物語 2010/12/30(木) 10:25:51 P

あの同僚みたいな親類だったら良かったのに、ってお父さんの願望かもね。
今更ほじくり返しても良いことはないに一票。

ちなみに母方には血も戸籍も繋がってない伯父さんがいる。
当時金持ちだった祖父に、うちの子をやると貧乏家から渡されたらしい。
養子縁組もなし。
でも、祖父母が亡くなっても10年以上経っても、近所にある生家ではなく、祖父母の家に嫁と帰ってくるよ。
捨てた家は実家じゃないと言うこと。

318: キチ取物語 2010/12/30(木) 10:52:47 0

戦前までは戸籍関係(婚姻や養子縁組、出生届など)の認識が、今とは違ったらしいからね。
法律上の「養子」とも違う「里子」なんて制度があったり、女の子が年末に生まれると、
新年になるまで出生届を出さない親がいたり、男児が生まれるまで婚姻届を出さなかったり。
そう言えば戦前までは親権が強くて、「勘当」が民法上の制度として存在したんだよね。
あとは、社会的地位のある人が妾を囲って、その子供の生活まで丸抱えしたりとか。

そういうことを考え合わせると、戸籍と現実がずれていることも多々あったんだろうなと思う。

父が急死し、父方の親族に連絡を取ろうとしたら従兄は元同僚で、兄弟は誰一人名前が一致しなかった→父が何故ずっと嘘を吐いていたのか未だに分からないまま・・・
ありがとうございます。この記事をお届けしたキチ取物語の最新記事情報は、いいね!してFacebookでチェックできます!

ピックアップ記事

1001: キチ取物語がおすすめの記事は以下です。 ID:PickUp

☆フォローお願いします☆

管理人LINE@をはじめました!
LINE@限定人気記事や、面白いことを配信していきます。

友だち追加

登録数増加中!ありがとうございます。
なんでもメッセ送ってきてくださいね☆

⇩面白かったらクリックしてね♪⇩
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(その他・いろいろ)へ