俺に味方してくれたのは、しんだ親父だけだったっけ・・・

シェアありがとうございます!

623: キチ取物語 2016/02/14(日) 09:31:44.52 ID:VXZJV7Xf

そういえば
幼稚園のとき
みんなで絵を描いてて
他の子は太陽を赤いクレヨンでぬっていたが
俺は空を見上げて白く描いたら
先生が「ほかの子も赤く描いてるから描き直せ」と言ってきた。
一旦は赤くぬりかけたけど、やっぱり見上げる太陽は白くしか感じなかったから
白でとおしたら
先生が、帰りのお迎えで来た母ちゃんに何か言ったらしく
帰りる道すがら母ちゃんから「先生の言うことは聞け」と怒られた

そのとき「確かに、昼間の空の太陽は赤じゃなくて白く見えるよな。」と
しょげていた俺に味方してくれたのは、氏んだ親父だけだったっけ・・・・・

引用元: http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1452568917/

624: キチ取物語 2016/02/14(日) 09:36:47.51 ID:vdHWiU40
>>623
父ちゃん…(´;ω;`)ウッ…

627: キチ取物語 2016/02/14(日) 09:50:09.34 ID:Vrp/BBB7

>>623
いい父ちゃんだなー。

俺は人物画を描くときに、みんな顔が大きすぎるので、リアルな大きさで描いたら
「もっと大きく描きなさい」と言われた。小さい頃からリアルに描いては怒られてたな。

628: キチ取物語 2016/02/14(日) 13:37:48.79 ID:LPpwBAPd
自転車のタイヤとか、歪めて描くほど偉いみたいな風潮があって、「できる子」はそこまで計算して描いてたな。
俺はそういう時に楕円定規持ち出して怒られる口だった。

629: キチ取物語 2016/02/14(日) 14:06:48.53 ID:UOgeUWJu
園児の頃の太陽は黄色か赤で渦巻き書いてたな

631: キチ取物語 2016/02/14(日) 15:28:26.94 ID:L6c22Tdb
アメリカの子供は黄色で太陽描くよね
結構文化の差もあるよな

634: キチ取物語 2016/02/14(日) 17:29:55.24 ID:BTrrwW4b
信号の「青」も「青葉」も実際は緑だもんなぁ

636: キチ取物語 2016/02/14(日) 18:16:08.70 ID:WGx6h4ff
>>634
信号の青を緑色で塗ったらクラス全員にフルボッコされた悲しい思ひ出(´;ω;`)

651: キチ取物語 2016/02/15(月) 10:08:06.01 ID:u49I5Gs0
>>634
みどりというのは、元々初々しいという意味の言葉だったんだけど(それまでは、青も緑も一緒くたに
「あお」と表現)
若草や若い木の葉を「みどり」と表現したことがきっかけで、植物の「あお」は「みどり」と呼ばれるように
なったそうな。

653: キチ取物語 2016/02/15(月) 11:25:51.69 ID:s3vAddbV

>>651
そういや日本古来の色表現は数種類しかなくて、昔は緑系は全部「青」だったんだよな。
黄色系は「赤」に含まれてた。古来からあったかどうかは、「○○い」という形容詞で
表現できるかどうか、また、表現するときに「色」という漢字が入るかどうか。

古来からあった色表現 → 赤い、青い、黒い、白い、他に何かあったっけ?
新しい色表現 → 黄色い、茶色い
「○○い」の表現ができない、さらに新しい色表現 → 緑(色)の、桃色の、紫(色)の

なので血の色も太陽の色も「赤」、快晴の空の色も新芽(青葉)の色も「青」になる?

655: キチ取物語 2016/02/15(月) 18:20:48.25 ID:HlrOO+Qp
>>653
久しぶりにいい雑学を見たと思ったのに、なんで最後疑問形なんだよ

656: キチ取物語 2016/02/15(月) 18:28:28.65 ID:e/4AbXYR
>>653
明しが赤
暗しが黒
淡しが青
だっけか

659: キチ取物語 2016/02/15(月) 19:56:39.34 ID:eROdc32L

>>653
>>656
おー、すげー勉強になった