亭主関白な父親、「メシ、風呂、寝る」しか口に出さず、晩御飯は一人豪華なものを食べ、DVを行うこともあった→父の死後、母がぽろっと漏らした事実が衝撃的だったwwwww

シェアありがとうございます!

固定リンクPC

おすすめ記事

930: キチ取物語 2014/07/02(水)19:22:24 ID:???

うちの母は看護士、父は教師。
父はその年齢にしては珍しい「メシ、風呂、寝る」しか口に出さない亭主関白で
晩御飯は一人だけ豪華なものを食べ
(たとえば母と私たち子供がカレーだったら、父はお刺身とか)
家事はいっさいせず、酔っぱらっては家族を怒鳴り、
怒鳴ったあといい気分になって大いびきで就寝。
時にて子どもに手をあげることもあった。

母の口癖は
女は資格がないと駄目。稼ぎがないと女は家で小さくなってるしかない
だった。
われわれは母の言いつけを守り、それぞれ食っていける資格を身に着け
無事その道で食っていけるようになった。

数年後、父が他界。
母はなんだかのびのびとなり、昔と違って口も軽くなった。
そんな母がぽろっと洩らしたのだが
なんと母の方がはるかに父より収入多かった。
じゃあ稼ぎがあっても同じじゃん。
おかあさんはなんで家あんなにで小さくなってたの

妹が聞いた。

母「お父さんは、だってああいう人だから
妹「でも私たち、毎日怒鳴られてたんだよ。
殴られることもあったよ。
いつものお母さんの理屈なら

    稼いでるならもっと強く出られたんじゃないの
母「ああいう人なんだから、なに言っても無駄よ
妹「でも
母「無駄よ
妹「……

あとで姉が
そういえば私が母をかばって父に殴られたあと、
母に『よけいなことするな!』ってビンタされたことがある

とうんざり顔で語っていた。
父が毒親だと思っていたが、
実は母もそうだったらしいことに気づいて衝撃っていうかモヤモヤ。

引用元:https://www.logsoku.com/r/open2ch.sc/kankon/1397802500/

こちらも読まれています

935: キチ取物語 2014/07/03(木)01:05:39 ID:???
>>930
最悪のモラハラ一家だな。
なんとか脱出する方法考えたほうが良いよ。

937: キチ取物語 2014/07/03(木)10:38:49 ID:???

>>930
母親は男を立ててるつもりの自分に酔ってて
父親が勘違いしちゃったのかね?

飯の件は子供目線だとそうだけど、ばばあになったらちょっとわかる。
仕事してる旦那にはいいもの食べてもらいたいから差を付ける気持ちとか、
父親に子供向けの味が合わないとかもあるし。刺身一人前そんなに高くないし。


キチ取物語より

お母さんは悲劇のヒロイン属性でもあったのかねww

お父さんに洗脳されたのかも?とか勘ぐってしまいますね


『亭主関白な父親、「メシ、風呂、寝る」しか口に出さず、晩御飯は一人豪華なものを食べ、DVを行うこともあった→父の死後、母がぽろっと漏らした事実が衝撃的だったwwwww』へのコメント

  1. 名前:キチ取の名無き 投稿日:2017/11/14(火) 15:07:08 ID:3ad80db31 返信

    無駄よ
    母になにを言っても無駄よ
    逃げちゃった方がいい
    なにか言われたら「お母さんには何を言っても無駄だから」で通せ
    会話が成立してなくてもそれで通せ

  2. 名前:キチ取の名無き 投稿日:2017/11/14(火) 16:51:40 ID:340ac016d 返信

    典型的な共依存関係
    ダメな夫の世話を焼く事で、自己承認欲求が満たされる妻は案外多い
    でも、手に職を付けて生きていける様に育ててもらったなら
    それはそれで良いじゃないか
    ただ似た環境の人が子供や配偶者を持つ事になったら共依存の書籍を
    何冊が読んでおくと良いよ

  3. 名前:キチ取の名無き 投稿日:2017/11/14(火) 17:20:44 ID:c642d78f6 返信

    この家庭…父親が教師ってところが怖いよな

  4. 名前:キチ取の名無き 投稿日:2017/11/14(火) 23:21:35 ID:6bf97077d 返信

    実父も元教師だけど同じ感じのクズ
    母親が共依存のスネ夫タイプなのも同じ
    狂師って周りを不幸にしかしない。

  5. 名前:キチ取の名無き 投稿日:2017/11/15(水) 01:29:01 ID:c7752ac3b 返信

    何を言っても無駄な人って確かにいる。
    母親は疲れ切って諦めたのだろう。
    それでも子供は育て旦那を見送ったのだから、人としてそれだけ出来れば充分だ。
    あなたは母親を責めないで、ただ反面教師として人生の糧にすればよい。