亡くなった祖母の知り合いだという老紳士が祖母の遺品の図鑑を買い取らせてほしいとやってきた。後日、その図鑑を調べると中から祖母へ宛てたラブレターが・・・

シェアありがとうございます!

固定リンクPC

おすすめ記事

660: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:00:41.29 0

祖母の遺品を巡って起きた修羅場。
他界した祖母の書斎の整理をしている時に、知らないおじいちゃんが訪ねてきた。
おじいちゃんは山高帽に着物を着こなしたいかにも老紳士と言った出で立ち。

祖母の知り合いでお線香をあげにきたとのことだった。
おじいちゃんはお線香をあげると、祖母の書斎に案内して欲しいと言った。案内するとおじいちゃんは棚の中から一冊の魚の図鑑を取り出してこれを譲って欲しいと言ってきた。

タダでとは言いません
と包んでいた風呂敷を開けると、中には札束の山があった。あまりの金額の多さに母と私はたじろぎ、母はこんな大金頂けませんしこの本には先客がおりますので譲ることは出来ませんと断った。
おじいちゃんは結構食い下がったけど、最後は諦めて帰っていった。

引用元:

こちらも読まれています

661: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:04:01.31 0

後日、どこから嗅ぎつけたか知らないけど金にがめつい親戚の叔母が襲撃してきた。
土足で家に上がり、祖母の書斎に直行。図鑑を引っ張り出して家から出ようとしたところをすんでのところで母が止めた。

叔母は狂ったように暴れ回った。本を振り回し、私のもんだと叫び、辺りのものを投げ散らかした。最後は図鑑の角を母の頭に思いっきりぶつけて昏倒させて逃げていった。
母は頭から出血したり、打撲とか捻挫とか結構な怪我をした。

両親が叔母を警察に通報するか話し合いをしていたら、叔母が再び来訪。件の図鑑を投げ付け
二束三文にもなりゃしねぇじゃねえか。変な噂立てんじゃねぇ
と怒鳴り散らし、また暴れ回り、金を奪って去っていった。

そこで何故あのおじいちゃんは価値もない本にあんな大金を出そうとしたのかと疑問を持ち、連絡して来てもらうことになった。

662: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:08:28.38 0

おじいちゃんの話によると、祖母はおじいちゃんの命の恩人。
学生時代、電車に轢かれそうになったところを引っ張ってもらって九氏に一生を得たとのこと。
その時に、祖母に一目惚れしたけど告白する勇気もなくて、読書好きだと言うことを聞いてプレゼントしたのが魚の図鑑だった。

そんで何で大金で買い取ろうとしたのか聞くと、おじいちゃんは本のハードカバーの表紙をナイフで割った。中には手紙が入っていた。
おじいちゃんはハードカバーの表紙の中を薄く切り抜いて中にラブレターを閉まっていたのだった。

大金は祖母に命の救ってもらった恩返しで、本を返して欲しかったのは万が一ラブレターを他の人に見つけられたら恥ずかしいからとのことだった。

なんで本の中に隠したのかと聞くと、おじいちゃんは照れ臭そうに自分でもわかりませんと言った。

んで、そのラブレター、おじいちゃんの制止を振り切って読んでみたんだが。
もうあらゆる比喩を使って祖母を褒めちぎる言葉で埋め尽くされていて、祖母への思慕の情が手紙に敷きつめれていた。こっちがクラクラしそうになるようなラブレターで読んだことを後悔した。

結局、金は貰わないで本だけ返した。叔母は通報した。
終わりです

665: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:15:53.50 0
>>662
>そのラブレター、おじいちゃんの制止を振り切って読んでみたんだが。
本人目の前にして読んだのかw何という鬼畜

663: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:12:53.03 0
若かりし頃のラブレター読まれたおじいちゃんが修羅場w

664: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:14:21.50 0
いい話だなぁ
頭おかしいおばさんが乱入しなけりゃそのオチは聞けなかったから
結果オーライだね!

666: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:25:09.33 O
ごめん、そのラブレター、おばあちゃんは読んでないんだよね

667: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:28:58.30 0
>>666
662です。手紙の糊付けが剥がれていなかったので読んでないと思います
そういった話も生前に聞いたこともないので

668: キチ取物語 2014/12/19(金) 14:46:31.87 0
>>667
叔母はどうなったん?

669: キチ取物語 2014/12/19(金) 15:00:47.21 0
>>668
懲役1年、執行猶予3年の刑になったらしいですが、執行猶予期間中にまた何かやらかして実刑になったらしいです
既に他界しています

670: キチ取物語 2014/12/19(金) 15:20:10.12 O
>>667
そっか…そんな頭がクラクラするような文面、もし読んでしま
ってたら、おばあちゃんも困ったかもしれない。これでよかっ
たのかも。図鑑の人は、万が一気付いてくれやしないかとの考
えが頭を掠めたりしたんだろうね

676: キチ取物語 2014/12/19(金) 18:48:01.94 0
ちょっとした叙情派漫画家のネタになりそうな話ですな。

683: キチ取物語 2014/12/20(土) 10:21:06.54 0

>読書好きだと言うことを聞いてプレゼントしたのが魚の図鑑だった。

読書好きに魚の図鑑を?斬新だな

684: キチ取物語 2014/12/20(土) 11:33:43.63 0
読む限り投稿者のおばあさんの世代だと、結構お歳の方じゃないか?
今御存命なら100歳近いような世代じゃないかと推測(叔母さんが無くなっている事なども加味)
とすると、あまり本など無く、装丁や絵が綺麗でしっかりした図鑑などは貴重だった時代かと

685: キチ取物語 2014/12/20(土) 11:38:13.59 0
亡くなるまで本棚にきちんとしまっておいてたんだから
もらって悪い気はしない物だったんだろうね
まさかラブレター入りとは思わなかったんだろうけどw

キチ取物語より

淡い青春時代の結晶だったんだろうなぁ…
本人の前で読んでやるなよwwそこは空気読めww

さぞかし針のむしろな気分だったでしょうね

『亡くなった祖母の知り合いだという老紳士が祖母の遺品の図鑑を買い取らせてほしいとやってきた。後日、その図鑑を調べると中から祖母へ宛てたラブレターが・・・』へのコメント

  1. 名前:キチ取の名無き 投稿日:2017/09/19(火) 21:43:56 ID:70dd08729 返信

    最後の最後にラブレター読まれたお爺ちゃん可哀想www