母親が間男と一緒に父親と話をしていた→話し合いがヒートアップし父に掴みかかった間男をマンションの9階から突き落とした→結果・・・

シェアありがとうございます!

固定リンクPC

おすすめ記事

104: キチ取物語 2013/12/26(木) 03:20:00.83 0
出所してきてある程度落ち着いたので書いとく。
俺が仕事から帰ってくると、
たまたま元母親が不倫相手と結婚するからと
間男と一緒に親父に話をしているところに出くわした。
親父は怒るわけでもなく淡々と話を聞いているようだったが、
元母親と間男の言い分がトチ狂ってた。
・慰謝料払え
・間男は仕事してないから生活費を出せ
・俺にも金を入れてもらうから引き取る
とかなんとか。
親父が話を一通り聞き終わった後、
完全に可哀想なものを見る目で頭おかしいんじゃないか?
と言った途端、元母と間男が激怒して親父に殴りかかった。

親父に止められて話に加われず横で聞いていた俺が止めに入った。
俺と間男がもみ合いになって間男をベランダの方の窓へ押し倒した。
ガラスが割れて血も出ていたがなおも暴れる間男を
揉み合いしている振りしてマンションの9階から落としてあげた
親父の横で話を聞いていて怒りを通り越していた俺は
このクソババァにどうしたら制裁できるか考えた結果、
親父を捨ててまで一緒になりたいという間男殺せばいいじゃん
という結論に至り、暴れた時にこれ幸いと事故の振りして氏んでもらった。
結局俺は情状酌量はあったものの7年間お勤めしてきた。

引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/live/1387938686/

こちらも読まれています

105: キチ取物語 2013/12/26(木) 03:21:31.60 0
元母は大好きだった間男を実の息子に殺され、
当然父からは多額の慰謝料を絞られ
元母実家・元母妹ともに父によって地元に住めなくされたらしい。
父は元母のやらかしたことを知ってた知らなかった関係なく
元母親族全ての人間の職場に噂をばらまいたり
直接乗り込んで文句を言うなどして元母親族全てを叩き潰したらしい。
出てきてから知ったが元母は隣の県の森で変氏、
元母の両親と元母妹は家に火をつけ心中、
従兄弟やら叔父やら叔母やらも5人くらい自殺、
元母の爺さんは孤独氏と一族壊滅状態らしい。
結局怒らせたら一番怖いのは親父だった。
間男殺した時よりもその話聞いた時の方が修羅場度はでかかった。

107: キチ取物語 2013/12/26(木) 05:33:05.77 0
>>104
その後お父さんとは連絡取ってるのかな。

108: キチ取物語 2013/12/26(木) 07:12:41.20 P
>>104
おつ。
結局浮気する人間はクズばかりだな。
浮気を考えている人間に見せたい内容だ。

119: キチ取物語 2013/12/26(木) 09:06:08.58 0
>>116
>>>104-105母のイトコや叔父・叔母は>>>104に関係ないし
気の毒だには同意

121: キチ取物語 2013/12/26(木) 09:28:09.76 0
>>105の2行目
元母のやらかしたことを知ってた知らなかった関係なく
ってあるから、知らないかった親族もいたろうに、
やっぱり>>104-105はやりすぎだと思う

109: キチ取物語 2013/12/26(木) 07:53:03.05 i
>>105
そらー、浮気しただけでもかなりなものなのに、
結果的には我が子を人殺し
(この場合は、殺人と言うよりは過剰防衛だろうけど)にさせたからな。
我が子の人生をメチャクチャにしたのだから、親としてはそれ位しかねないかも。

106: キチ取物語 2013/12/26(木) 04:07:24.40 0
お勤めご苦労さんでした((((;゜Д゜))))

110: キチ取物語 2013/12/26(木) 07:55:48.50 0
さすがに元母の親戚まで巻き込むのはどうかと思うけどな
従兄弟や叔父なんて関係ないじゃん

113: キチ取物語 2013/12/26(木) 07:58:31.24 P
>>110
元母を助ける可能性のある奴らを未然に消しに入ったって事だろう。
実際その効果は出ているわけで誉められた事ではないが
父親の思惑は理にかなっている。

112: キチ取物語 2013/12/26(木) 07:58:24.27 0
お勤めは情状酌量があっても7年か、長かったね
法律には無知だから分からないけど、
そのくらいの期間が妥当という所なんだろうか

117: キチ取物語 2013/12/26(木) 08:36:52.56 i
壮絶だなぁ
その一言に尽きる

キチ取物語より

お父さんさながら阿修羅の如くだな・・・

まるで時代劇の読み物のようですね