学生時代のサークル仲間と月1で飲み会をしていた婚約者→彼の父親とマンションに行き、「きっとまだ寝てるんですよ」とか言いながら鍵を開けると、婚約者と呑仲間♀が半裸でベッドの中にいたwwww

シェアありがとうございます!

固定リンクPC

おすすめ記事

188: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:09:57 ID:q3BDihGj0

なんだ、かんだでもう3年もたつので記念カキコ
私(25才)・彼男(27才)
呑子(27才)彼男の大学時代のサークル仲間
呑太郎(27才)同上
呑介(27才)同上
その他もろもろの飲兵衛
彼男父(50台後半)

私と彼男は社内恋愛で婚約中
ただし、式まで半年ほどあったので社内で婚約しているのを
知っているのは、数名の上司と私と彼男の友人数名のみ。

彼男は、日本酒が大好きで学生時代のサークル仲間と月イチで飲み会をしてた。
幹事が持ち回りだったらしいが、呑子が仕切ることが多かったらしい。
私は彼男に連れられて、飲み会に一度参加したことがあるが
呑子にからまれて、飲めない私は、二度と行きたくない状態になった。

引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/ex/1239386543/

こちらも読まれています

190: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:19:25 ID:q3BDihGj0

彼男は、呑子は、ふだんのお酒は、絡み酒じゃないからと妙な弁解をしていたが
私が怒っていたので、その後は、こそこそと飲み会に参加していた。
ある金曜日の夜、呑子からの召集があり
呑子、彼男、呑太郎、呑介、その他もろもろで泥酔するまで飲んだらしい。

土曜日の早朝、彼男の母親がギックリ腰になったとかで入院すると
私に彼男の父親から電話があり、彼男と連絡が取れないまま、
彼男母の病院へ駆けつけた。
幸いたいしたこともなかったので、彼男父が
昼前に彼男のマンションに私を送ってくれた。
私「昨日、飲み会だったからきっとまだ寝てるんですよ
なんて言いながら、合鍵を使って中に入ると
ベッドの中で、彼男が呑子と半裸で就寝中・・・

193: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:28:02 ID:q3BDihGj0

私「ひっ、へっ、え??
彼男父「くぁwせdrftgyふじこlp、ふじこ

混乱をいちはやく脱したのか、彼男父が猛然とベッドに近づき
彼男をベッドから引きずりおろした。
ドシンと落ちたところで、彼男、目覚める

彼男「えっ?はぁ?オヤジ?なに?
彼男父「あqwせdrftgyふじこl、ふじこふじこ

彼男父は、彼男をぼかすか殴っていた。
謝れ、謝れ、私ちゃんに謝れ
物音に気づいたのか、呑子、起床。

呑子「きゃーーーーーーー、ごおとおおおおお」
と叫んだところで、私の存在に気づき
キョンシー?が飛び跳ねるみたいにベッドから猛ダッシュで
呑子「なによおおおおお、なんだってんのよぉ
といきなり、私にビンタしてきた。

ぱっちーんという音に、彼男父と彼男の殴り合いがとまり
そのすきに、呑子が、彼男の前にはだかり
彼男父に向かって、
わたしの彼男になにするのよ
とものすごい迫力で睨む。

彼男は、なんかもう、呆然とした感じで
ちがうんだ、私子、ちがうんだよ

200: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:46:03 ID:7Viu8jLT0

>>193
>呑子「きゃーーーーーーー、ごおとおおおおお」

ごおと?
彼男が剛人(ごうと)とかそんな感じの名前だったのか?
修羅場関連の話を読んでると、男親は浮気した自分の子供に対して
同性同士でも厳しく対処できる人が多くて偉いな。

201: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:46:51 ID:qC2CQD5U0
>>200
強盗かと。

203: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:47:46 ID:JIymv462O
強盗かとオモタ

206: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:48:39 ID:7Viu8jLT0
>>201, 203
なるほど強盗か! ありがとう。

197: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:38:57 ID:q3BDihGj0

一瞬しいーんとしたけど
彼男父が「馬鹿やろう」と彼男と呑子を一喝し
頬をおさえて固まってる私をその部屋から連れ出してくれた。
彼男父の車に乗せられて、はじめて感情が戻ってきた私は、号泣。

その後のことはよく覚えていない。家には送ってもらったけど。

彼男から、メールや電話がたくさんあったけど、応える気になれず
電源を切って、どうしようどうしようと落ち込んでた。

翌日、彼男父が、彼男を伴い、家に来た。
泥酔して、終電を逃した呑子を泊めただけでなにもなかった、潔白だ、
どうして同じベッドで寝ていたのか全く覚えていない
すまなかった、許してほしいと

だけど、私は、なんだか耳は聞こえるんだけど
脳が、その言葉をちゃんと理解できないような感じで
ぼんやりスルーしていた。

半月ぐらいして、落ち着いた私は
やはり、彼男を信用できなくなっていて婚約解消を申し入れた。
彼男は「嫌だ、ほんとになんでもない。信じてくれ」とホザいてたが、
彼男父は「仕方ありません、私子ちゃんに大きな傷を負わせて申しわけない
と心から謝ってくれた。
式場のキャンセルとか、全部彼男父がやってくれたみたい

208: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:52:37 ID:q3BDihGj0

彼男は、呑太郎、呑介などの飲み仲間に相談したらしく
ある日、飲兵衛仲間たちに会社帰りに拉致された。
なんとか、復縁できないか、許してやってくれないかと
土下座せんばかりに頼まれている最中に
呑子が乱入してきた。
呑介「おい、呑子、オマエも謝れ
呑子「すみませんでした。寝てしまってごめんなさい。
でもあなたが彼男くんを要らないなら
私が幸せにする。
だから彼男くんをください

私「えっ?やっぱり、そうだったんですか?
呑子「ずううううっと好きだったんです。彼男くんが。
どうしてもあきらめられなくて
この飲み会で逢うことだけが
私の生きがいだったんです。

   お酒飲めないあなたは、正直言って、
彼男くんには、ふさわしくないです

呑介、呑太郎、その他、目玉ポーーーンみたいな顔してた。
私「どうぞ、もう関係ないですから、氏ぬまで飲みつづけてください
身体が震えるほど悔しかったけど、なにかが、スコーンと切れた。

彼男からは、しばらくは、復縁願いがうざかったけど
すっぱりきっぱり断って、上司には、事の次第を報告して
婚約解消して、同じ社内にいるのが気まずいと転勤を願いでたら
なぜか、彼男が地方に飛ばされてしまった。

彼男が呑子と一緒になったかは知らない。
でも今は、将来アル厨になって肝臓壊すはずの彼男と
結婚しないで良かったと思えるようになった。

198: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:42:51 ID:qC2CQD5U0

> 泥酔して、終電を逃した呑子を泊めただけでなにもなかった、潔白だ、
> どうして同じベッドで寝ていたのか全く覚えていない

そんな事になるほど飲む奴が悪い。
その言い訳が通じるなら、結婚後も何をしてもオッケーになってしまう。

199: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:44:27 ID:76wVfgbI0
呑子の私へのビンタ&「私の彼男に!」発言の後は無理だなー

204: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:47:54 ID:uwF/OJqn0
覚えてないわけないだろうな
「私の彼男に」まで言わせてんだから、それなりの事してたんだろ

207: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:50:23 ID:iCmz9ryXO
呑子は婚約のこと知らなかったのかなあ

209: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:53:16 ID:RyERUDu3O
本当に潔白でも、以前から度々泊めてたんじゃないか?
なんぼ友達でも異性を泊まらせるのはちょっとな(しかも婚約中に)

210: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:55:13 ID:GMdrZ+7+0
上司GJ

211: キチ取物語 2009/04/20(月) 17:55:39 ID:0qcbus5L0
双方から慰謝料取った?

212: キチ取物語 2009/04/20(月) 18:04:34 ID:q3BDihGj0

>>200
強盗だと思ったらしいです。
>>207
知ってました。一度参加した飲み会のとき
彼男が、「おれの婚約者」って紹介してくれました
呑子のことは、
おれの飲み友達、女に見えるが女の飲みっぷりじゃないよ~
なんて私に紹介してくれました。

>>211
慰謝料というか、迷惑料として彼男父から少しいただきました。
当時、彼男は、絶対に「していない」と言ってましたから
呑子にはもらいませんでした。

213: キチ取物語 2009/04/20(月) 18:08:22 ID:qkH8sguF0
呑子は彼男父にきちんと謝罪したのかな?

215: キチ取物語 2009/04/20(月) 18:20:54 ID:q3BDihGj0

>>213
謝罪はしてないと思います。
彼男父は、かなり怒っていて
今後一切、呑子と彼男がつきあうことは認めないと言ってました。

彼男も呑介、呑太郎たちも皆、呑子は、同じ酒好きの女友達だと
ずうっと言ってました。
その場、その場が楽しければ良いという飲兵衛の思考は
永遠に私には、理解できないものなのだなと思います。

216: キチ取物語 2009/04/20(月) 18:40:54 ID:AMBaAoW0O
自分も呑むの好きだけどそんな思考はない。
酒を呑む事が悪いんじゃなくそいつらがおかしいだけ。

217: キチ取物語 2009/04/20(月) 18:46:09 ID:Nzu7XYzz0
うん、ただひたすら酔っ払えばいいってのは酒飲みの飲み方じゃない。
ただのガキかアホだ。

218: キチ取物語 2009/04/20(月) 18:47:45 ID:+bAoQI5mP
そういう飲み方していいのは学生まで
社会人になってそれなりの飲み方できないアホはどうしようもない

221: キチ取物語 2009/04/20(月) 19:18:23 ID:q3BDihGj0

>>216・217・218
そうですね。ごめんなさい。
呑み方が悪いんですね。
お酒呑みの方には失礼でしたort

彼男たちの飲み会は自然消滅したらしいです。
たぶんみんな大人になったのかも知れません。

皆さんに、乙と言ってもらえて目から汗がでました。

219: キチ取物語 2009/04/20(月) 18:52:49 ID:0qcbus5L0
>>188
仮にその夜に何も無かったとしても、呑子が彼男に
覚えていないだろうけど、体の関係持っちゃったから責任取って」って迫って
ズルズル関係を続けるはめになった可能性もあるし。
いい年齢の大人が定期的に正体不明になるまで飲む飲み会を開催するのも気持ち悪い。
婚約者が居て結婚間近なのに、異性を泊めるばかりか同じベッドで眠るのを許可するのも
どうかと思う。
その時は辛かっただろうけど、別れて正解だったと思う。
乙ですた。

220: キチ取物語 2009/04/20(月) 19:07:09 ID:rKnwhJUQO

つ-か同じ自分も酒飲みだけどこれはありえん
酔ってようがなかろうが、疑いを招くような事は許されんよね

飲んでも呑まれるな
いろんな意味で自覚なさすぎだろ

224: キチ取物語 2009/04/20(月) 22:00:48 ID:kAna8Z380
酒にだらしない奴は下半身もだらしない

225: キチ取物語 2009/04/20(月) 22:12:57 ID:er9v6QGEO
>>224
俺は下戸だが下半身だらしない

226: キチ取物語 2009/04/20(月) 22:18:34 ID:e00gLy6u0
おもらしか

234: キチ取物語 2009/04/21(火) 08:49:40 ID:nRmkyhW7i
プライベートで定期的に飲み会開いてる奴らは、大抵こんな感じ。
誰かが、酒で人生を棒にふって自然消滅。


キチ取物語より

呑子の厚顔無恥っぷりというか、好い面の皮してるというかwwww

どの口がそんなことを言うのかって話ですね。お酒はほどほどに