大学中退して、それからずっと引きこもり→ある日、いつものように母に愚痴を言うと→母「そんなにこの世が嫌なら、一緒に死ぬか?」

シェアありがとうございます!

固定リンクPC

おすすめ記事

792: キチ取物語 2014/05/04(日)17:54:10 ID:

23歳の頃、俺はクズニートだった。
母子家庭だったから母親は
俺に辛い想いをさせたくないって思ってたんだろうな。
結構甘やかされて育った。
苦労して入れてもらった大学も2年に上がれなくて中退して、
それからずっと家に引き篭もって2ch三昧やってた。
ネットに毒されて女を差別するような話や、
政府とか世間に対する不満(新聞やニュースなんて見ないからネットの偏った知識)
なんかを毎日母親にぶつけていた。

いつもと同じように、俺が引き篭もっているのは世間のせいだ
みたいな話をしていたら、いつもは黙って聞いているだけの母親が
そんなにこの世が嫌なら、お母さんと一緒に氏ぬか?
と言った。
怒っている顔でもない、悲しんでる顔でもない、
無表情なんだが目だけを大きく見開いた顔で俺を見ていた。
そこで生まれて初めて「あ、失敗した」って思った。
失言だった、という意味ではない。
俺は人間として失敗作なんだ、と気づいた。

それからすぐに仕事見つけて、いまは職人の親方やってる。
たまに母親にあの頃の話をされるとそれこそ氏にたくなるなw
修羅場とはちょっと違うかな?
スレチだったらすまん

引用元:https://www.logsoku.com/r/open2ch.sc/kankon/1394670689/

こちらも読まれています

793: キチ取物語 2014/05/04(日)18:16:51 ID:

>>>792の心が修羅場だったんだからいいんじゃね?
立ち直って良かったね
ぬるま湯の生活から抜け出すことって、なかなかできることじゃないよ

母ちゃんと>>>792に幸あれ


キチ取物語より

もう何もかも諦めちゃった瞬間を見たんだな・・・

本当に死ななくて良かったですよ